えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

メーデーを待つ
メーデーをまつ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「働く婦人」1932(昭和7)年5月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-10-24 / 2015-09-01
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


うす暗い長屋のすみで、毎日、
私と坊やは糊まみれ、
糊にまみれてせっせと渋団扇を張るけれど
戦争にあなたを奪われた私の生活
張っても張っても追っつかない
苦しい暮しの真ただ中で――おお早や五月
闘いのメーデーが来る!

おお戦争と白テロの渦巻く中
今年のメーデーはどんなにすごかろう
それにつけても忘れられぬあなた!
去年、あのだらしない葬式行列に
組合の人達と一緒に割り込みの先陣をうけもったあなた、
あなたは今は何処に?
引ったてられて行ってからもう三月
どこにいるやら便りもない

おお何の便りもよこさないあなた!
戦争はしつこくながびき
侵略の陰謀に折づめされた
あなたの便りは聞かれぬけれども
――忙しい仕事の合間合間に
訪ねてくれる組合の人とも語る
あなたは腕のある組織者! どこにいようと、
きっと仲間を集めて逆襲にそなえているであろう。

おおあくことなく信頼するあなた! 愛する私の夫!
木々の芽はのび、戦いの五月は迫ってくる
此頃――組合の人達はせっせと準備している
組合の人から聞きおぼえた
坊やのメーデー歌も片言まじり………
苦しい暮しをけとばして、示威るその日を、
そうだ! 坊やも私と糊にまみれて待こがれる。
(『働く婦人』一九三二年五月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko