えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

みんな悲しげにそう思う
みんなかなしげにそうおもう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「車輪」1936(昭和11)年9月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-07-10 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


胡瓜つくってもいい
トマトつくってもいい
南瓜も西瓜も茄子も
高い肥料代や小作米にくわれる
二番稲をつくるより
野菜をつくって市へだすのが
なんぼいいかも知れない
山の向うの村から
はこんで来るリヤカーの群をみると
みんな悲しげにそう思う

今朝も
おっかあ達は
ここ 町の入口で
がやがやとかけひきに余念がない
家の側を流れる溝で
夜になって 月にぬれて
野菜や果物を洗ってみたい
自分で手入れて
自分でみがいて
売りにいってみたい
みんなそう思うのだが
今日も
雨にしがみつくような銃声がきこえて来る
「敵は左方 四百米」
稲田の畔の こえぐろの影で
赤と白
半々の旗がひらめいている
俺達ゃ はらはらする
「追撃」の声もろとも
泥田の畔をふみ砕いてつき進む群

「畑だったら
畑だったら、わやくそだ!」
みんな悲しげにそう思う
(『車輪』一九三六年九月号に発表 一九七九年二月野田[#挿絵]子発行『倉橋潤一郎作品集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko