えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

四季
しき
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「槇村浩全集」 平凡堂書店
1984(昭和59)年1月20日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-09-10 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


春の神様陽気だな
天女の羽や夢御殿
梅、桃、桜、色々の
花を咲かせて楽しんだ
なぜ/\こんなに陽気だろ

夏の神様大おこり
はげた頭を光らして
春の神様追ひやって
雷さまがおきに入り
すきな遊びは夕立だ
なぜ/\こんなに怒るだろ

秋の神様やさしいな
風をそよ/\野に送り
七夕さまや天の川
銀のお月さんぬっと出る
なぜ/\こんなにやさしいだろ

冬の神様陰気だな
寒いこがらしお気に入り
いつもしぶい顔ばかり
なぜ/\こんなに陰気だろ
大正十一年四月二十一日綴



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko