えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

水車小屋
すいしゃごや
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「槇村浩全集」 平凡堂書店
1984(昭和59)年1月20日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-10-10 / 2014-09-15
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


村のはづれの水車小屋
ひとり淋しく立って居る
向の川の水車
しぶきをパッと散らしては
ぐる/\/\と威勢よく
風吹く時も雨の日も
休まずたはまず廻ってる
お日さん西に沈みかけ
夕の鐘が鳴ったとき
小屋の窓から首出して
たった一人のお爺さん
手をあて空を眺めては
「あゝ又鐘がなってゐる
 今日も早、今くれて行く」
私が小屋へ来てからは
早廿年たったのか
月日のたつのは早い者
思出しては夢の様
この幾年の間には
村長さんが何べんも
かはって今の大杉さん
村のさかひに立って居た
一本松は四年前
切たふされて今はない
若い時から仲よしの
太郎兵衛どんはもう死んだ
あゝもううっかりせられない
少し休んで働かう
きせるくはへて一人言
あたりは淋しく成って来た
烏はみんなつれ立って
鎮守の森へと急ぎます
淋しく暗い其の中で
やっぱり/\威勢よく
ぐる/\まわる水車
(一一・六・二八)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko