えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

松の影
まつのかげ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「槇村浩全集」 平凡堂書店
1984(昭和59)年1月20日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-10-25 / 2014-09-15
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


何百年のその間
村の境に立ってゐる
一本松の松の影
今はだん/\枯れて来て
「かうまではかなく成ったか」と
空をあふいで一人言
「この私が生れたは
 丁度今からかぞへたら
 六百年の其の昔
 あちらの村の庄屋さん
 こゝへ私を植えたので
 何百年のその間
 こゝにかうして居たのだが
 始は小さい松の影
 だん/\大きく成って来て
 二つの村の人々が
 一日たんぼで働いた
 つかれをいやす松の影
 今は仲好し友達が
 二人三人つれ立って
 向の山や近の浜
 遠足に行く行き帰り
 必ずこゝで休んで
 こう言ったなら私も
 少しはお役に立ちませう
 しかし今では意地悪な
 きつつき鳥につゝつかれ
 松はだん/\枯れて来て
 もう早や死んで終ひそう
 これまでたび/\こゝへ来て
 休んで行った村の人
 少しも私に取り合はぬ
 これから私はどうなるか」
言って終って吐いきつく
ほんとにあはれな松の影
大正十一年七月十六日綴



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko