えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ハンニバル雪のアルプ越
ハンニバルゆきのアルプごえ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「槇村浩全集」 平凡堂書店
1984(昭和59)年1月20日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-10-19 / 2014-09-15
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


(一)嗚呼英雄やハンニバル
 にくさはにくしローマ国
 未だ十歳の少年が
 ローマを討てと叫びたり
(二)あたりは暗き森の中
 神を拝してひざまづき
 必ずローマ討たなんと
 誓は立てぬおごそかに
(三)此所はアルプの山の果
 折しも起る雪なだれ
 打たれて倒る三四人
 「アッ」と一声谷そこへ
(四)千刃の谷見下ろせば
 深さは深し雪の雲
 今落ち行きし兵士等の
 あとも止めぬ大吹雪
(五)うえと雪とに戦ひて
 艱難辛苦ハンニバル
 積雪高き山の上
 兵士の姿物凄し
(六)夕日の沈む彼方より
 「ワッ」と攻めくる土人兵
 修羅の巷に血は雪を
 唐紅に染めてけり
(七)千辛万苦重ねつゝ
 絶ゆまず進むハンニバル
 永へに止まぬ山の雪
 降りつゝ歌ふ彼がいさほ
(八)高く聳ゆるアルプ山
 上にかゝれる夜半の月
 英雄の功たゝふ如
 雪はつもりて月はすむ
(大正十二・三・一一)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko