えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

蕗のとうを摘む子供等
ふきのとうをつむこどもら
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「プロレタリア文学」1932(昭和7)年2月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-27 / 2015-12-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


三月の午後
雪解けの土堤っ原で
子供らが蕗のとうを摘んでいる
やせこけたくびすじ
血の気のない頬の色
ざるの中を覗き込んで
淋しそうに微笑んだ少女の横顔のいたいたしさ
おお、飢えと寒さの中に
今も凶作地の子供達は
熱心に蕗のとうを摘んでいる

子供等よ!
お前らの兄んちゃんは
何をして警官に縛られたのか
何の為に満洲へ送られて行ったのか
姉さん達はどうして都会から帰って来たのか
お前らは知ってるね
何十年の間、お前らの父ちゃんから税金を捲きあげていた地主は
お前らの生活を保証してくれたか?
おまんまのかわりに
苦がい蕗のとうを喰うお前らの小さな胸にも
今は強い敵意が燃えている
天災だと云って

しらを切ったのはど奴だ!
「困るのは小作だけでない」
そう云った代議士(地主)の言葉にウソがなかったか
子供等よ! いつ地主の子供が
お前等と一緒に蕗のとうを摘みに行ったか
いつ、地主のお膳に
ぬか団子が転っていたか
修身講話が次から次へとウソになって現れて来たいま
おお お前らのあたまも「学校」から離れる

北風の吹く夕暮れ
母親は馬カゴのもち草を
河っぷちで洗ってる
子供らはざるを抱えて家路へ急ぐ
背中の児は空腹を訴えて泣き
背負った子供は寒さに震える
だが、見るがよい
水涕をたらした男の児等の面がまえを!
児を背負った少女の瞳を!
おお、凶作地の子供等よ!
その顔に現れた反抗と憎悪をもって
兄んちゃんのような強つい人間に成れ!
苦がい蕗のとうのざるをほうり出して
父ちゃんから税金を捲きあげた奴等に向って
あったかい米のご飯を要求するんだ!
(『プロレタリア文学』一九三二年二月号に発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko