えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ベートーヴェンの生涯
ベートーヴェンのしょうがい
副題01 凡例
01 はんれい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「ベートーヴェンの生涯」 岩波文庫、岩波書店
1938(昭和13)年11月15日第1刷
入力者門田裕志
校正者仙酔ゑびす
公開 / 更新2012-01-15 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


○本訳書の原本は Romain Rolland: Vie de Beethoven (Librairie Hachette, Paris) の改訂版である。「ハイリゲンシュタットの遺書」と「手紙」と「思想断片」と「文献」とは、ロマン・ロランが選択し仏語訳して原本の中に収めてあるものの翻訳である。付録と文献・追加とだけは訳者が添加した。
○原書改訂版に増補されている原注のうち一カ所を(本書の第三十頁第四行以下二行)本文の中へ繰り入れたことをおことわりしておく。
○一般の原書に脚注となっている原注をひとまとめに集めたのは、一九二七年発行の限定版の原書の形にならった。その理由は、長文の注を本文の中に挿入すると本文のリズムが切断され過ぎることをおそれたためである。原注そのものが重要性をもっており、その後のロランのベートーヴェン研究の中で考証されたり展開されたりした問題がこれらの原注の中にいわば音楽の主題のように散在している。
○原著者がドイツ文から仏訳して引用した文章は、原書のドイツ語訳の中に用いられているドイツ語原文を参酌した。
○付録中『ベートーヴェンへの感謝』は Romain Rolland: Actions de Gr[#挿絵]ces[#挿絵]Beethoven の訳であり、雑誌 La Revue musicale の「ベートーヴェン記念号」(一九二七年四月一日)に載ったものである。本書の本文とこの論文とのあいだには二十年以上の歳月が流れているが、よき参考となる論文であると信じてこの訳著の中に付加した。本書第百五十六頁にある楽譜は、原著者が同論文の余白にみずから書き添えて訳者におくられた筆跡に拠った。
○『手記』抄訳の原本は Ludwig van Beethoven, Berichte der Zeitgenossen, Briefe und pers[#挿絵]nliche Aufzeichnungen, gesammelt und erl[#挿絵]utert von Albert Leitzmann (Insel-Verlag, Leipzig) に拠り、内容はロランのベートーヴェン研究全体に現われている志向において選ぶことを努めた。
○括弧〔 〕中、訳注とあるものは、理解に便なるを思って訳者が付加した部分である。それによって訳者は原書の生命を傷つける結果とならないことを念願すること切である。
訳者



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko