えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

拾った詩
ひろったし
副題――或る人に告ぐる――
――あるひとにつぐる――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1923(大正12)年8月5日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-10-23 / 2015-09-01
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


なぜか知ら
そぞろ歩みに誘われて
私もお祭りに加わります
誰ひとり街はずれのお宮へなぞゆくものですか
みんなはこうして
涼しい夏の夜の風を浴びながら
当どもなく華やかな灯の下を
さまよいます。
    *
師団道路なんて
何て無意味な名前でしょう
面白可笑な人にもあい
一寸横丁へよれてごらん
音もない光りもない
夜半の神秘がねています。
未来派ならば
何と表現するでしょう
女、首、しな、ひとみ、赤坊
男、香水、めがね、煙草
花電気、太鼓、かね、笛
笑いましょうか
唄いましょうか
泣きましょうか
    *
祭りはまちに燃えるのろしです
一団高く、一年に一度の
天にまけよかし見よかしと
祈る一つの灯です。
    *
あららっこれはしまった
あれが誰ですあの人でなくって
そうだねこれはしまった
さよならやあおや
何の真似でもせなけりゃならぬ
私の顔が疲れたろう
まちを歩けばこんなにも
おぼえた人がいるのです
そうして忘れているのです
    *
やぶ屋敷、活動人形、軽業師
見せ物からくり
ごっちゃごちゃ
まぜてかえてゆきましょうか
すりが鋏を持っていましょう
    *
灯のまちの尊さは
どんな処にあるか知ら
屹度お宮にあるんだろう
天の岩戸の踊りなら
神様さえもそろそろと
扉を開いて来ましょうよ
    *
忘れていましたお祭りは
商人が金をもうける手段です



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko