えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

玉盃の曲
ぎょくはいのきょく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「芸苑 第二巻第二号」1907(明治40)年2月
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2016-07-10 / 2016-06-10
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ふくよかの顔面あげて
紅潮の浜にさすごと
華やかの笑みひろごりて
まなざしの光すゞしく

わが胸の奥には深く
よろこびの影こそ跳れ
わが耳に絃づる歌は
鶯の啼く音をこめね

あたたかき玉の腕に
瑠璃色の酒瓶たたけば
白百合の花よりすべる
露のごと湧くや甘酒

玉盃の縁にあふれて
白銀や黄金の花の
そこゐには咲きそむものと
口ごもる若き恋人

手をのべて盃をうくれば
わが心天の永久春
美しき追憶ばかり
絃かけぬ心をゆする

新たなる生命の花の
色馨る唇よせて
玉盃の縁にあつれば
われならぬ影こそ映れ

なめらかなうまらの酒を
喉笛にそとすべらせば
血の浪の生々ゆらぎ
天地に吾が脈かよふ



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko