えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

砂上の低唱
さじょうのていしょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「琉球新報」1908(明治41)年10月12日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2016-07-10 / 2016-06-10
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


満つと見しこの天地は足ずありぬ心を
いづちやるも空虚のみ
海の香しめる暁を
今日片時の浜下り
磯の霞に酔ひしれて
哀れ吾が世の夢に泣く

浪路逢かた見渡たして
満潮時を恨み泣く
千鳥の声に胸冷えて
哀れ吾が世の夢に泣く

花葉かざれる海の底
そや湧きかへる黒潮は
憂しや吾が身の宿世にて
哀れ吾が世の夢に泣く

足跡しげき砂の上
深かき想ひに眼を閉ちて
世の運命を思へば
哀れ吾が世の夢に泣く

悲哀の盃を受けし身は
日に日に琴柱折りふして
只だ空鳴りに物狂ひ
哀れ吾が世の夢に泣く

さらばと詩の神を追ひ
花園の影に身をよせて
詩の車を手に繰るも
哀れ吾が世の夢に泣く



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko