えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題263 死の踊り子
263 しのおどりこ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「錢形平次捕物全集第二卷 白梅の精」 同光社磯部書房
1953(昭和28)年4月5日
初出「講談倶樂部」1951(昭和26)年7月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者門田裕志
公開 / 更新2015-10-25 / 2015-09-01
長さの目安約 27 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



「八、大層ソワ/\してゐるぢやないか」
 錢形平次は煙草盆を引寄せて、食後の一服を樂しみ乍ら、柱に凭れたまゝ、入口の障子を開けて、眞つ暗な路地ばかり眺めてゐる、八五郎に聲を掛けました。
「今撞つた鐘は、戌刻(八時)でせう」
 八五郎はでつかい指を、不器用に折り乍ら、相變らず外ばかり氣にして居るのです。
「それが何うしたんだ」
「五つまでには、來なきやならないんだが」
「誰が來るんだ、借金取か、叔母さんか」
「そんな氣のきかねえ代物ぢやありませんよ」
「叔母さんまで氣のきかねえ代物にされたのか、それぢや新造か年増か、どうせ宵の口から化けて出るエテ物だらう」
 平次はからかひ面でした。物騷な江戸の町を、たとへ親分平次の家で落合ふことにしたにしても、若い女の夜の出歩きは、堅氣の者でないことは、餘りにも明かです。
「ところで、今晩は姐さんの姿が見えないやうですね」
 八五郎は、キナ臭い鼻の穴を、ひつそりしたお勝手の方へ向けました。其處には、どんな時でも愼ましやかに仕事をしてゐる、平次の女房お靜の、何時までも若々しい姿が見えなかつたのです。
「お袋のところへ手傳ひにやつたよ」
「へエ? 滅多に無いことですね、あの達者なお母さんが身體でも惡いんですか」
「いや、相變らず元氣で、臍繰の溜まるのばかり樂しみにして居るよ」
 洗ひ張と仕立物で、樂々と暮して居るお靜の母親は、平次夫婦に、これつぽつちの迷惑を掛けるのも、いさぎよしとしない肌合の女でした。
「それぢや、父さんの年回でも?」
「いや、親父の命日は秋だよ、――實を言ふと、俺はたつた一と晩で宜いから、獨りで暮して見たくなつたのさ、たまには獨り者の昔がなつかしくなるよ」
「へエ、物好き過ぎますね」
 獨り者の八五郎には、一と晩でも戀女房に別れて居たいといふ、平次の氣持はわかりません。
「久し振りに、明日の朝は飯といふものを炊いて見ようと思つて居るよ、一粒々々に芯のある飯を炊くのは、骨が折れるぜ、八」
「呆れたものだ、あつしを泊めて置いて、まさかその芯のある飯を喰はせる氣ぢやないでせうね」
「安心しろよ、お前には俺が燒いた乾物で、一杯呑ましてやるから、まだ酒が少しは殘つて居る筈だ」
 平次はお勝手へ行つて、眞つ暗な中で徳利と乾物を搜して來ると、不器用な手つきで膳の上へ並べ、徳利の尻を銅壺に突つ込みました。
「ところで、八」
「へエ」
「入口ばかり氣にするなよ、――俺は近頃手相に凝つて居るんだが、酒の燗のつくまで、ちよいとお前の手相を見てやらうか」
「へエ? 妙なものに凝つたんですね、――手相を見て貰ふのは構はねえが、まさか見料を取るとは言はないでせうね」
「お前のことだから、見料位は立引くよ、先づ手を出しな、――汚ねえ手だ、地が汚れて居るから筋がよく見えねえよ、――こんな手で握られると、あの娘は膽をつぶすぜ、――あツ、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko