えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題047 どんど焼
047 どんどやき
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「錢形平次捕物全集第九卷 幻の民五郎」 同光社磯部書房
1953(昭和28)年7月20日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1936(昭和11)年1月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者門田裕志
公開 / 更新2014-04-14 / 2014-09-16
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



「あ、あ、あ、あ、あ」
 ガラツ八の八五郎は咽喉佛のみえるやうな大欠伸をしました。
「何と言ふ色氣のない顏をするんだ。縁先で遊んで居た白犬が逃出したぢやないか、手前に喰ひ付かれると思つたんだらう」
 のんびりした春の陽ざしの中に、錢形平次も年始疲れの、少し奈良漬臭くなつた足腰を伸ばして、寢そべつたまゝ煙草の烟の行方を眺めて居たのです。
「だがね、親分、正月も三ヶ日となると退屈だね。金は無し、遊び相手は無し、御用は無し、――そこで考へたんだが、二度年始廻りをする術はないもんでせうか――明けましてお目出度う、おや八さん、昨日も年始に來たぢやないか、へエー、そんな筈はないんだが、あつしは暮から風邪を引いて今日起き出したばかりですよ、それは多分八五郎の僞者でせう――なんて上り込む工夫はないものかな」
 八五郎の想像は、會話入りで際限もなく發展して行きます。
「馬鹿野郎、――よくもそんな間拔けな事が考へられたものだ」
「――それも樽を据ゑた家に限るね、一升買ひの酒ぢや、飮んでも身にならねえ」
「呆れた野郎だ」
「でなきア、御用始めに、眼の玉のでんぐり返るやうな捕物はないものかなア。親分の前だが、今年こそ、うんと働きますぜ。江戸中の惡黨が、八五郎の名を聞いただけで眼を廻す――てな事になると――」
「八、氣を付けるがいゝぜ、雪の無い正月で、いやにポカポカするから」
「ね、親分、今度はあつしに任せて下さいな、どんな事でも、一人で捌いて世間の人をアツと言はせますから」
「いゝ氣なものだ、――おや、さう言へば御用始めらしいぜ、手前逢つて見るか」
 平次が隣室に隱れる間もありません。バタバタと入つて來たのは、若い男。
「錢形の親分さん、た、大變、――すぐお出で下さい」
 突きのめされさうな聲です。二十五六、大店の手代風ですが、餘程面くらつたものと見えて、履物も片跛、着物の前もろくに合つて居りません。
「お前さんは、何處から來なすつたえ」
 八五郎は精一杯の威儀を作ります。
「安針町の、さ、相模屋から參りましたが、――わ、若旦那が昨夜――」
 手代はゴクリと固唾を呑みました。
「これを飮んで少し落着いてから話すがいゝ。さうあわてちや却つて筋が通らねえ」
 平次がぬるい茶を一杯くんで出すと、それを一と息に呑ほして、暫くホツと胸を撫でおろします。
「若旦那が何うした――」
 と平次。
「昨夜殺されましたよ」
 手代はぞつと身を顫はせます。
「昨夜殺されたと、何だつて今頃あわてゝ飛んで來るんだ。あの邊は第一、小網町の仙太の繩張ぢやないか」
 ガラツ八は少しむくれて見せました。
「さう言ふな、八、――ね番頭さん、お前さんが下手人の疑ひを受けたんだらう」
「えツ、どうしてそれを、親分さん」
「昨夜の殺しを、今頃あわてゝ俺のところへ言つて來るのは、よく/\困つたことがあるからだらう」
 …

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko