えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭形平次捕物控
ぜにがたへいじとりものひかえ
副題120 六軒長屋
120 ろっけんながや
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「錢形平次捕物全集第二十三卷 刑場の花嫁」 同光社
1954(昭和29)年4月5日
初出「オール讀物」文藝春秋社、1941(昭和16)年4月号
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者門田裕志
公開 / 更新2016-09-05 / 2016-09-02
長さの目安約 27 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



 本郷菊坂の六軒長屋――袋路地の一番奧の左側に住んでゐる、烏婆アのお六が、その日の朝、無慘な死骸になつて發見されたのです。
 見付けたのは、人もあらうに、隣に住んでゐる大工の金五郎の娘お美乃。親孝行で綺麗で、掃溜に鶴の降りたやうな清純な感じのするのが、幾日か滯つた日濟しの金――と言つても、緡に差した鳥目を二本、袂で隱してそつと裏口から覗くと、開けつ放したまゝの見通しの次の間に、人相のよくない烏婆アが、手拭で縊り殺されて、凄じくも引つくり返つて居たのです。
「あツ、大變、――誰か、來て下さい」
 お美乃は思はず悲鳴をあげました。確り者と言つても、取つてたつた十八の娘が、不意に鼻の先へ眼を剥いた白髮ツ首を突き付けられたのですから、驚いたのも無理はありません。
「何んだえ、お美乃さんぢやないか」
 眞つ先に應へてくれたのは、一間半ばかりの路地を距てて筋向うに住んでゐる、鑄掛屋の岩吉でした。五十二三の世をも人をも諦めたやうな獨り者で、これから鑄掛道具を引つ擔いで出かけようと言ふところへ、この悲鳴を聽かされたのです。
「鑄掛屋の小父さん、た、大變ですよ」
「何處だい、お美乃さん」
 お六婆アの家の表は、まだ嚴重に締つてゐるので、岩吉はお美乃の聲が何處から聽えて來たか、一寸迷つた樣子です。
「お六小母さんが――」
「婆さんがどうしたといふんだ」
 岩吉は枳殼垣と建物の間を狹く拔けて、お六婆アの家の裏口へ廻つて仰天しました。
「小父さん、どうしませう」
「何うも斯うもあるものか、長屋中へ觸れてくれ。それから、醫者にさう言ふんだ」
 岩吉はさう言ひ乍ら、裏口の柱につかまつて、ガタガタ顫へて居ります。中へ入つて死骸の始末をすることも、死骸の側を通り拔けて、表戸を開けてやることなども、この中老人は出來さうもありません。
 そのうちに、壁隣りに居るお美乃の父親――大工の金五郎も飛んで來ました。二日醉ひらしい景氣の惡い顏ですが、これはさすがに威勢の良い男で、
「早く介抱してやるが宜い。締められた位で往生するやうな婆アぢやあるめエ」
 いきなり死骸を抱き起しましたが、石つころのやうに冷たくなつて、最早命の餘燼も殘つてゐさうもありません。
「こいつはいけねエ」
 金五郎は死骸を置いて表戸を開けると、其處には、岩吉の隣りに住んでゐる日雇取の與八と女房のお石が、叱られた駄々ツ兒のやうな、脅えきつた顏を並べて立つて居るのでした。
 最後に金五郎の隣り――與八夫婦の向うに住んでゐる按摩佐の市の母親も出て來ました。眼の見えない佐の市を除けば、これで長屋總出になつたわけですが、脅えた顏を揃へて、わけの解らぬことを囁き合ふだけで、何の足しにもなりません。
「何が始まつたんだ。大變な騷ぎぢやないか」
 木戸の外から聲を掛けて、若い男が入つて來ました。六軒長屋の直ぐ外――表通りに住む雪之助といふ二…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko