えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

行軍一
こうぐんいち
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「竹内浩三全作品集 日本が見えない 全1巻」 藤原書店
2001(平成13)年11月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-12-18 / 2014-11-14
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


白い小学校の運動場で
おれたちはひるやすみした
枝のないポプラの列の影がながい
ポプラの枝のきれたところに 肋木の奇妙なオブジェに
赤い帽子に黒い服の ガラスのような子供たちが
流れくずれて かちどきをあげて
おれたちの眼をいたくさせる

日の丸が上っている
校舎からオルガンがシャボン玉みたいにはじけてくる
おれのよごれた手は ヂストマみたいに
飯盒の底をはいまわり 飯粒をあさっている
さあ この手でもって「ほまれ」をはさんで
うまそうにけぶりでもはいてやろうか

雲で星がみえなくなった
まっくらになった
みんなだまっていて タバコの火だけが呼吸している
まだまだ兵営はとおくにある

村をこえて
橋をこえて 線路をよこぎって
ひるま女学生が自転車にのっていた畑もよこぎって
ずんずんあるかねばならぬ
汗がさめてきた うごきたくない

星もない道ばたで おれは発熱しながら 昆虫のように脱皮してゆくようだ



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko