えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

泥葬
でいそう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「竹内浩三全作品集 日本が見えない 全1巻」 藤原書店
2001(平成13)年11月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-11-21 / 2014-10-13
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


われ、山にむかいて、目をぞあぐる。わがたすけは、いづくよりきたるならん。
(讃美歌第四百七十六)
腐り船
 鼻もちならねえ、どぶ水なんだ。屍臭を放つ腐り船が半沈みなんだ。青みどろなんかが、からみついてるんだ。
 舷側にたった一つ、モオゼのピストルが置いてあるんだ。しかも、太陽はきらきらしているんだ。
星夜
 月はないけれど、星が一杯かがやいていた。気色のわるいほど、星には愛嬌があった。
 ぼくは、ワイシャツのはじをズボンからはだけさせて、寝静まった街を歩いていた。
日記
 ふしぎな日であった。池袋でも、新宿でも、高円寺でも、そして神田でも、友だちに会った。彼らは、みんなぼくにあいそよくしていた。
 中野のコオヒイ店で、ぼくに会った時には、ぼくはまったくびっくりしてしまった。
フロイド
 女のことばかり考えている日があった。
 机の上に、蛾がごまんと止まっている夢を見た日であった。
 その日の夕刻には、衛生器具店の陳列棚を眺めて暮らした。
オンナ
 そのころ、ぼくは、恋人の家によく泊ったものだ。となりの部屋で、恋人の兄貴と一緒に寝たものだ。
 すると、ある夜、恋人が手淫をはじめたらしい物音がしてきたんだ。あのときほど、やるせなく思ったことはなかった。
戦場
 十畳の部屋は、戦場のように崩れていった。
 裸の書物や、机から落ちたインキ壺や、裏むきになった灰皿や、ゲートルと角力を取っている屑フィルムや、フタのないヤカンが、その位置で根を張りだした。手のほどこしようは、もうとっくになくなった。どうにでもなりくされ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko