えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

随筆銭形平次
ずいひつぜにがたへいじ
副題19 探偵小説このごろ
19 たんていしょうせつこのごろ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「野村胡堂探偵小説全集」 作品社
2007(平成19)年4月15日
初出「毎日グラフ」1950(昭和25)年4月10日
入力者ばっちゃん
校正者阿部哲也
公開 / 更新2016-02-02 / 2016-01-01
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

「銭形平次」で世界的多作家に

 江戸川乱歩 ずいぶん書いたね。「捕物帖」は……何篇くらいになった?
 野村胡堂 ハッキリしたことはわからないが、三百篇は越しているだろう。もっともわたしの捕物帖は、「銭形平次」と「池田大助捕物控」と両方だからね。銭形の方は、二百四、五十篇というところかな? よく書いたものだわれながら……。「オール読物」の創刊号から毎号一篇ずつ載せはじめて……五年目だったかに半年くらい休んだ。休んだのはそれだけだ。そしたら読者が承知しなくてね。販売店がうるさくいってくるんだそうだ。それでまた載せはじめたわけだ。
 江戸川 銭形平次が登場してから何年くらいになるだろう?
 野村 今年でもう二十一年目だよ。
 江戸川 こんなに多くの短篇を書いた人は外国にも例がない(これは探偵小説の場合)。英国のコナン・ドイル(名探偵シャーロック・ホームズ物語の作者)が相当書いているようで、あれで六十篇くらいのものだし、同じく英国のチェスタートン(神父ブラウン物語の作者)だって八十篇だ。
 野村 そのかわりわたしの書くのは、あなたのもののように、行き詰ってしまうような凝ったものじゃない。
 江戸川 それにしても、探偵小説だからどうしてもトリックがいる。よくそれだけのトリックを考え出すものだ。三百篇のうち同じトリックをつかったものはないんだろう?
 野村 それはない。もっともつい忘れてしまって、似たようなトリックをつかって別のを書いてしまうことはあっても……全然同じということはないね。
 江戸川 ウム。そこでその心境だな、聞いてみたいのは……それだけ多作している間の気持ちは?
 野村 そうだね。むかしは大衆小説風に書いたね。チャンバラ式にだ。それからだんだんコナン・ドイル風になってきた。近ごろは心理的に書こうという気持ちになってきている。性格描写などにも力をいれてね。しかしね。三十枚そこそこの長さじゃ、とてもそんなのは書けぬ。
 江戸川 そうだね。原稿用紙三十枚では探偵小説的面白さは出せない。ドイル時代はだいたい百枚……。
 野村 五十枚以上の長さでないとダメだ。

アメリカにも「捕物帖」があった

 江戸川 そうすると、あなたの銭形平次はだんだん文学的になってきているわけだな。もっとも捕物帖は、時代が古いから外国の探偵小説みたいに自由自在に謎をつくるわけにいかんから苦心させられるな。
 野村 江戸時代という魅力があるんで、書いていても楽しい。
 江戸川 ところで、ぼくは最近アメリカの捕物帖を発見したんだ。作家はポーストといってヴァン・ダイン(「グリーン家の惨劇」の作者)より古い。作品の時代はアメリカの南北戦争より前、開拓時代になっている。幌馬車と牧場のころなんだ。銭形平次に相当する名探偵は「アブナー叔父さん」といって、牧場主なんだ。これが、すべての作品に登場してき…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko