えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

みずかきジェマイマのはなし
みずかきジェマイマのはなし
原題THE TALE OF JEMIMA PUDDLE-DUCK
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2012-04-09 / 2014-09-16
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
[#挿絵]
ラルフと ベッツィに おくる まきばの はなし

[#挿絵]
 ほんと おかしな えづらですよね。 ほら、 あひるのこが めんどりと いっしょに いるんですよ!
 ―― いまから はなすのは、 みずかきジェマイマの ものがたり。 このあひるさん、 まきばの おくさんが じぶんに たまごを かえさせてくれないと、 なやんでおりました。

[#挿絵]
 だんなの おねえさんの みずかきリベカは、 たまごを あたためるにしても はじめから だれかに まかせっぱなしで ――「わたし こらえしょうが ないから、 28にちも たまごのうえに すわりきりだなんて むり。 そうでしょ、 ジェマイマ。 あんた いつも さましちゃうじゃない、 ほら!」
「ほんとは たまご かえしたいんだけど。 みんな じぶんで かえしたいんだけど。」と みずかきジェマイマは がーがー。

[#挿絵]
 じぶんの たまごを かくしてもみました。 ところが いつも みつかって とりあげられるのです。
 もう やけになった みずかきジェマイマは いっそのこと まきばから とおく はなれたところで うむことに しまして。

[#挿絵]
 まきばを あとにしたのは、 はれた はるのひの ひるさがり、 おかの むこうまで つづく いなかみちを すすみます。
 よそいきの かたかけと おぼうしを みにつけて。

[#挿絵]
 おかの てっぺんに つくと、 とおくに もりが みえてきました。
 そこで ふと おもいます、 あそこなら しずかで おちつけそうだ、 と。

[#挿絵]
 みずかきジェマイマは あまり とびなれては なかったのですが、 かたかけを なびかせながら おかを すこしばかり かけおり、 そらへ むかって とびたちました。

[#挿絵]
 とびだしが うまくいくと、 かぜにも きれいに のれて。
 うしろへ ながれていく きぎを しりめに、 やがて もりの まんなかあたり ひらけたところが みえてきます。 そこは きりひらかれて、 きも やぶも ありません。

[#挿絵]
 ジェマイマは こころもち もたもたと おりたつと、 そのあとは うむのに ちょうどいい からっとしたところを さがして あたりを よちよち。 せのたかい キツネノテブクロを みつけると このあたりの きりかぶは どうかなと おもいまして。
 ところが ―― きりかぶは おさきに とられていまして、 びっくりしたの なんの、 みると みなりのいい とのがたが しんぶんを よんでいたのです。
 くろの とんがり おみみに、 すないろの おひげ。
「がー?」と みずかきジェマイマは あたまと おぼうしを かしげます ――「がー?」

[#挿絵]
 とのがたは しんぶんから めを あげると、…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko