えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

おねずみおばさんのはなし
おねずみおばさんのはなし
原題THE TALE OF MRS. TITTLEMOUSE
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2012-04-09 / 2014-09-16
長さの目安約 9 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
[#挿絵]
 このささやかな ほんは ネリーのもの。

[#挿絵]
 むかしむかし あるところに 1びきの もりねずみが おりまして、 なまえを おねずみトマシーナおばさんと いいました。
 すまいは いけがきの うらにある もりつちの なか。

[#挿絵]
 これが おもしろい おうちなんです! いけがきの ねっこを めぐって あっち こっちへ つちの めいろが できあがっていて、 そのさきに ものおきやら きのみや たねを たくわえておく くらが それぞれ あったりしまして。

[#挿絵]
 だいどころや いまも ありますし、 それから しょっきべやや たべものおきばまで。
 あと おねずみおばさんの おやすみする へやも ありまして、 そこでは ねむる ベッドが ちいさな はこに なっているんです!

[#挿絵]
 おねずみおばさんは どを こえた きれいずきの ねずみさんで、 いつだって やわらかな つちの ゆかを はきそうじ ちりはらい。
 たまに まいごに なった はむしに でくわしますと、
「しっ! しっ! ばっちい あしあしさんめ!」と おねずみおばさんは もっている ちりとりを うちならすのです。

[#挿絵]
 また あるひは ちいさな おばあさんが みずたまもようの あかい ケープを はおって うろちょろしておりました。
「おたくが いま もえてるんですって、 ななほしおばさま! おこさんのいる おうちへ とんで おかえりになって!」

[#挿絵]
 べつの ひには まんまるした おおぐもが あまやどりに きておりまして。
「すいませんが、 ここは マフェットちゃんの おたくでは ない?」
「あっちへ おいき、 この あつかましい わるぐもめ! わたしの すてきで きれいな おうちの あっちこっちに くものすの はしきれ のこしくさって!」

[#挿絵]
 そこで くもを まるめて まどから ほうりだしたのでした。
 くもは ほそながい いとを ちょいと たらして いけがきを おりていくしか ありません。

[#挿絵]
 おねずみおばさんが はなれにある ものおきへ むかうところ。 ばんごはんに サクランボの さねと アザミの わたげを とりにいくのです。
 ろうかを すすむ あいだ、 ずっと ゆかを くんくん じっと みつめていまして。
「はちみつの においが するわ。 そとの いけがきにある クリンザクラ? どうも きたない ちいさな あしあとが あるみたい。」

[#挿絵]
 かどを まがって ばったり であったのが どじじずバビティ ――「じーず、 ぶん、 ぶぅーん。」と まるはなばちの おんなのこが しゃべります。
 おねずみおばさんは きッと あいてを にらみつけました。 ほうきが あれば いいのに…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko