えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

つまさきチミーのはなし
つまさきチミーのはなし
原題THE TALE OF TIMMY TIPTOES
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2012-04-09 / 2014-09-16
長さの目安約 10 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
[#挿絵]
 モニカを はじめとする まだみぬ ちいさな おともだちへ

[#挿絵]
 むかしむかし あるところに つまさきチミーという ころころぷくぷく おきらくな はいいろりすが おりました。 たかい きの てっぺんに くさぶきの すみかがあって、 グディという おくさんの りすも います。

[#挿絵]
 つまさきチミーは そとで すわって、 そよかぜを たのしんでいました。 しっぽを ひとふりして くすくすわらい ―― 「いとしの グディ、 きのみが たわわだ。 ふゆ・はるのために たくさん たくわえておこうよ。」 つまさきグディは いえの うちがわに こけを ぬりこめるのに ていっぱいです。「このおうち、 いごこちいいから きっと ひとふゆ ぐっすり ねむれるわ。」「そんなら おきたら そのぶん げっそり、 はるには たべもの ないってか。」チミーは なんでも きにしがち。

[#挿絵]
 きのみの やぶへ やってきた チミーと グディでしたが、 見てみると そこには もう ほかの りすたちが いまして。
 チミーは うわぎを ぬいで こえだに ひっかけ、 はなれたところで おとなしく ふたりだけで うごくことにします。

[#挿絵]
 まいにち あちこち めぐって きのみを めいっぱい ひろいました。 ふくろに つめてはこんで、 すを つくった きのそばに あちこちある ねもとの あなぽこに つめたのです。

[#挿絵]
 あなぽこが まんぱいになると、 こんどは きの たかいところに ある うろあなへと ふくろを あけはじめました。 もとは きつつきの もので、 きのみは ころりん ころころと なかへ おちていきます。
「いったい どうやって あとから とりだすの? ちょきんばこみたい!」と グディ。
「はるに なるまでには げっそり やせてるって、 なあ。」と あなを のぞく つまさきチミー。

[#挿絵]
 こうして たくさん あつまりましたが ―― そのひけつは なくさなかったからなのです! ふつう りすは きのみを じめんに うめるから、 はんぶんは なくしてしまうもの。 だって ありかが おぼえられなくって。
 もりで いちばんの わすれんぼの りすは、 シルヴァテルと いいました。 ほってるそばから わすれるから、 あとで ほりかえすと じぶんのでない きのみが でてきたりして。 それで けんかに なったり。 すると みんなして ほりだすから ―― もりじゅうが おおさわぎ!

[#挿絵]
 そんなとき おりあしく ちょうど ことりの むれが とんできていて、 やぶから やぶへ あおむしや くもを さがしまわっていました。 いろんな とりが いて、 それぞれ べつべつの うたを さえずるのです。
 はじめの…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko