えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ババールとサンタのおじさん
ババールとサンタのおじさん
原題BABAR ET LE PERE NOEL
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2012-04-21 / 2014-09-16
長さの目安約 21 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

[#挿絵]

[#挿絵]
「なあ、 みんな!」
 あるひ こざるの ゼフィルが、 アルチュール、 ポム、 フロール、 アレクサンドルに よびかけます。
「きいてくれ、 さっき すげえ はなしを みみに したんだ。 にんげんの うちには、 まいとし クリスマスイヴの よるに すっげえ やさしい おじさん、 それも もじゃもじゃ しろひげで あかいふくに とんがりぼうしの やつが、 そらを とんでくるらしいぜ。 どっさり おもちゃを はこんできて、 そいつを こどもに くれるんだとさ。 そいつ サンタの おじさんって いうんだってな。 なかなか すがたが おがめないみたいで、 こっちが ねむってるあいだに えんとつから しのびこむとか。 あくるあさ くつしたのなかに おもちゃが あるってんで こどもたちも きたんだなって わかるらしい。 どうだ、 おれたちも そいつに ひとつ てがみを かいてみないか。 ぞうの くに、 おれらんとこにも きてくれってさ。」
[#挿絵]
 アレクサンドルが いいます。「いいね、 やろう やろう!」
「でも おてがみ なんて かけばいいかな?」と いうのは アルチュール。 そこで ポムが ひとこと。
「そりゃ サンタに かくとなれば ぼくたちの ほしいものじゃ ないの。」
「じゃあ じっくり かんがえて かかなきゃ。」
 さいごに フロールが そう いうと、 みんなは くちを つぐんで しばらく かんがえごと。
 ゼフィルが まっさきに おもいつくのは やっぱり じてんしゃ。 フロールが もらえて うれしいのは おにんぎょうさんで、 アレクサンドルは むしとりあみが ほしいし、 ポムは ふくろいっぱいの あめと くまの ぬいぐるみ。 アルチュールと きたら てつどうもけいを ゆめみる しまつ。
[#挿絵]
 それぞれ ほしいものも きまると、 いちばん じの うまい ゼフィルが ふでを とることに なりまして。 みんな それを そばで まじまじ。 アルチュールが わすれず ふうとうに きってを はりまして。 そして ひとりずつ じぶんの なまえを かきおわると、 うきうきと ぜんいんで てがみを ポストへ いれにいきます。
[#挿絵]
[#挿絵]
 それからというもの 5にんは あさに なるたび ゆうびんやさんが くるのを まちかまえまして。 かげが みえると いそいで むかえにゆくのですが、 ああ ゆうびんやさんが いつも どれだけ さがしても サンタさんからの へんじは きていません。 あるひ ババールが そんな こどもたちに きづきまして。
「おや どうして こどもたちが。 おもてで すっかり しょげている。」
[#挿絵]
 すぐさま ババールは こえを かけます。
「ふむ、 こどもたち これは なにごとかね?」
[#挿絵]

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko