えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

白い雲
しろいくも
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 11」 講談社
1977(昭和52)年9月10日
初出「お話の木」1937(昭和12)年7月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2017-01-11 / 2016-12-09
長さの目安約 16 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より



 みんなは、なにかすてきに、おもしろいことがないかと、思っているのです。敏ちゃんも、もとより、その一人でありました。往来で、義ちゃんや、武ちゃんや、かつ子さんたちが、集まって、なにか見て笑っています。
「なんだろう?」と、敏ちゃんは、走ってゆきました。
 義ちゃんが、真っ黒な砂鉄を紙の上にのせて、両手で持っていると、武ちゃんが、磁石で、紙の裏を摩っています。すると、砂鉄がむくむくと虫のはうように、磁石のいく方について動くのでした。
「おもしろいのね。」
「不思議だろう。」と、武ちゃんが、自分もそれに見とれて頭を傾けていました。
「僕、たくさん砂鉄を取ったのだけれど、洗ったら、これんばかしになったのだよ。」
 義ちゃんは、砂鉄の入っているびんをポケットから出して、見せていました。
 これを見ると敏ちゃんは、にやりと笑いました。自分も大きな磁石を家に持っていると思ったからです。それは、いつかお隣の兄さんから、もらったものです。もう赤く塗ったところがだいぶはげていたけれど、もとは、いい磁石だったのです。
 明くる日、敏ちゃんは、学校へいくと、休みの時間に、運動場の砂場で、小山といっしょに砂鉄を取るのに夢中になっていました。小山の磁石は、敏ちゃんのより、形は小さいけれど、赤いところも全部ついていて、吸いつける力は強かったのでした。敏ちゃんの磁石は、大きいけれど力が弱かったのです。
「君、どれだけ?」と、敏ちゃんは、砂鉄を取るのに、負けるような気がして、きくと、小山は、
「まだ、こればかしさ。」といって、しわくちゃになった、どろだらけの紙を開いて見せました。
「たくさん取れたね。僕の磁石は、だめだ。」と、敏ちゃんは、自分の磁石が、ただ大きいばかりだというのが、なんとなく歯がゆくなりました。
「それに、電気をかけると強くなるのだぜ。」と、小山が教えました。
「電気?」
 敏ちゃんは、そのことを、はじめて知ったのです。さっきから、この不思議な力は、いったいどこからくるものかということを考えていたのでした。大きくなれば、わかるだろう。けれど、あの太陽をだれが造ったのかわからないうちは、あるいは、この力もどこから生まれるかということはわからないのかもしれないと、思いながら、茫然として、青空を仰いだのでした。
「君っ、ベルが鳴ってしまったんだ!」
 こう叫ぶと、小山は、あわててはね上がりました。敏ちゃんも、驚いて、運動場に人がいないのに気づくと、急いで小山の後を追って、教室へ駆けつけたのです。
 先生は、後れてきた二人を、じっとごらんになりましたが、黙っていらっしゃいました。敏ちゃんは、お座についたけれど、しばらく心臓がどきどきとしていました。



「磁石に、電気をかけると、強くなるってほんとう?」
 敏ちゃんは、小山のいったことを義ちゃんにききました。義ちゃんは、敏…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko