えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

港に沈んだ鉄片の希望
みなとにしずんだてっぺんのきぼう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2016-12-04 / 2016-12-09
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


浚渫船はいづこの海を浚つてゐるのだらう
鉄片は沈んで沈んで港の底
眇の眸を覗かせるよ
ああ気なげな空想を抱いてゐるぞ
ねそべつた比目魚が吐きだす泡にぶらさがり
ゆらゆら海面に昇つてゆく鉄片の願望よ
おをい!
海上遠く、青空映す友だちよ
針魚よりも鋭い腰の短剣め!
あいつの主人はランチを飛ばして海軍大尉の美男子だ
浮標めの自由な展望よ
あいつは海と空の骰子だ
あいつは燈台の横腹にさしこむ朝日の第一線にも見あきてゐよう
港外を素通りする外国汽船ののつぽな煙筒
出帆を敲く銅鑼めの得意な面つきよ
あいつの面に照り反す海

太陽よ
麝香。白粉。ワキガの花粉を吹飛ばす
突堤に乱れるパラソルの花園!
輝きつゞく港街は晴天の祭日だ
帝国銀行の高楼を積上げるつみあげる
起重機の妖しい肘よ
混血児
人力車
タバコ
避電針
アンテナ
気象台



飛行機
飛行機の両翼を凛乎と張る細い針金よ
岬遠い避病院の塀ぎはに転つた哀しい空鑵
あ、あ、潰れた空鑵にだつて落日が光る光る
ぼくは嗅ぎたいよ
日光が嗅ぎたいよ
あつたかい鴎の糞がたべたいよ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko