えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

明るすぎる月
あかるすぎるつき
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-05-24 / 2017-03-11
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


――悪いことがなければよいが

電柱のとつさき、工夫が云ふ
ふん 今夜は誰も苦情は云ふまいて。十分そこらの停電はな。

窓ぎは。若い薬剤師が云ふ
やあ! まるで砂でも調合してるやうだよ。
この匙でね。

夜店。植木屋が云ふ
瓦斯を消しちまひな。もつたいない、そのかはり水をうんとやつておゝき。

解剖室。死体が云ふ
あんちきしよ 窓のカアテン引いとくのを忘れやがつて。
くそ! おれは明るいと風邪をひく。

製図室。半分出来た製図が云ふ
おいおいみんな 今夜はうちの主人をおどかしてやらうぞ。ちびの主人が帰つて来ぬうちにさあ。一二三!真白くなつておかうぞ。

温室。こまちやくれた花が云ふ
あたい今晩だけは夜露に打たれてみたいと思ふわ。

鏡屋。いつぱい並んだ鏡が云ふ
けッ! 鏡鏡鏡鏡鏡どうしの睨めッこか。

ああ 娘の頬ぺた。紅い椿が食べたいよ。

活動写真館。映写幕が云ふ
見物ひとり居ないのに 横ッ腹の窓から映つたりしやがつて。
それにちつとも面白くないやい!

洋服屋の飾窓。臘人形が云ふ
あらあらあら。あたいの躯がこんなに透いちやつて。
まあ花入り硝子!あたいの心臓。

玩具屋のガラス棚。ゴム人形が云ふ
僕嫌だい。空気なんか詰められるのはもう嫌だい。
よう お日さまの光が吸ひたいよう。

自動車陳列窓。青塗りのフオードが云ふ
諸君つくづく俺は後悔するんである。一匹の黄金虫に生れなかつたことを。空を翔べなくともだ、ああ今夜の街上に逃げられたら!

ガソリン供給箱。赤い喞筒が云ふ
あああああ
ガソリンは倦いたぞ倦いたぞ。

硝子製造所の高窓。長い硝子管が云ふ
チリリーン おお 月の光が身に沁むて。起きろい! フラスコ カツプ 花瓶も起きろ。
チアリリーン 月に浮かれて躍らうよ。

僕。ちつぽけなそいつが云ふ
いやだい はづかしい。
よせよ よせよ 恥しいつたら!
あッさうかい。そこで僕がお月さまから電柱を盾に取つて失敬したら、をつとこさ元気のよい噴水。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko