えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

明るい顔
あかるいかお
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-04-23 / 2017-03-11
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


 なぜあんなに明るい顔をしてるんだらう。街角にあいた活動写真館の馬蹄[#挿絵]をぬけ出ると、腹がへつて夕暮れで、何故スクリーンはああもはつきり映つて、ありあり生きてゐるのであらう。コーリン・ムーアの明るい顔は太平洋の青海を遠く、アメリカで笑つて、跳んで、メリケン語をしやべくつてそれから、のべつにキスをするんだらうか。
 快活な顔はぼくをぼんやりさせて快活な横顔はかうもぼくを悲しませるものなのであらうか。立並んだ街燈がへんにはつきり灯つて、ぼんぼりのやうに浮いてきて、浮いてきてひもじい僕のからだを両側から迎へてくれる。
 ねえ君、明るい顔はなぜかう僕を悲しませるだらう 流れてくる青年たちに、僕はいちいち聞いてみたいのだが、彼等はまたチヤップリンの笑顔を見せて、キートンの横顔を見せて、ぼんやりとそつぽを向いて、めいめいに明るい顔を抱いて、たとへば恋人の顔を持つて行くんだらう。
 そして僕のからだのなかではすつかり、心臓だの肺臓だの肝臓だの、そんな様な色々めんどうなカラクリはみんな、消えてしまつて、残つたのはたつたひとつ、何もはひつてない胃袋がちようど、霧のなかからひとつひとつ出てくる街燈のやうに僕のからだのなかに灯つて、それはコーリン・ムーアの明るい顔とそつくりの形だらう?額にはおかつぱの髪を垂れて例の眼玉をくりるくりる、かと思ふとくるッくるッ。
 とうとう洋服屋の飾窓にきて、ぼくは硝子の中の人形にきくのである。
 ねえ君、君もコーリン・ムーアの顔がすきだね。きつと、大好きだらう?
 大好きですとも。コーリン・ムーアの顔は大好きですとも。それにしてもあなた、僕のきてゐるこの背広は如何です。ね、ひとつうちに注文して下さいよ。
 ほう成程、君の背広はダブルでいゝね。純黒。………それにしても何故かう、頭がもやもやしてゐるのであらう。さうだ、あつい珈琲でものまう。肩で喫茶店のガラス扉をおして僕が半身を入れたとたん、まつたくお腹がどきッとしたが、なんでもなかつた。コーヒー出しの背後の大鏡にコーリン・ムーアが眼玉をむいて映つてゐるのにすぎぬのだ。僕は壁ぎはの、コーリン・ムーアの写真のしたに卓子をえらぶと、がつくりと腰をおろしてしまつた。
 あのコーヒーだけで?
 うん、それからコーリン・ムーアをひとつ。
 ?
 コーリン・ムーアだよ。コーリン・ムーア。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko