えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

頂上
ちょうじょう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-08-23 / 2017-07-17
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


植物はとほくけぶる外輪山の緑のいろ。
ここはたゞ白昼
玉座の怒る噴煙である。
生ものとては火口に飛び交ふ燕のむれだ
断崖の影にかくれて
燕窩にならぶ幼い卵だ飛翔の夢だ
お、晴れるぞ霧が。
海をしたがへ
雲をとばし
てつぺんに僕を飾つてひらく山岳!

[#挿絵]伊豆大島三原山にて



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko