えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


うじ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-06-12 / 2017-04-03
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


氏は書を能くし
発句や謡をたしなみ 就中 たいてい柔道二段ぐらゐの腕まへあり
氏は毎朝 東天遙拝 のちラヂオ体操
たのまれて話の屑籠なども執筆なさるのだ
氏は 氏の一挙手一投足は逸話となつて細大洩らさず新聞などに珍重され
氏の巾広い声量は氏の身代のやうに潤沢
たとへば除幕式などに周知の風采をあらはして一言もつて祝辞などを述べ
給ふ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko