えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


なにがし
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-11-22 / 2017-10-25
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


初夏ともなれば百円ぐらゐのパナマ帽がいたについて見ばえのある風格をみよ
ちと遊びに来給へと名刺をくれるのだ
名刺といへばかれもまた一流の名士にして普く
八方に疎通してあますところは無いのである
さつそく鄭重な御供物をおくり盛大な葬儀に列してゐるを見る
門札をうつて居を構へてゐる
その収入の道その収入のほどは 否 税務署の吏員氏さへ難渋するのだから 今 これを窺ふべくもないのである
午後かれを訪問すれば したしく応接間に召じいれ
熱あり 魅力あり その広範な経綸は倦ませず若いものを鼓舞するに足るのである



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko