えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

銭湯より帰る
せんとうよりかえる
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-11-09 / 2017-10-25
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


仔どもや金貸しや先生や役人や痩せたのも太いのもいつしよくたに
汗や膏や表皮を流す裸のとき
裸の楽しいときをへて さて ふたゝび湯水のなかを産れるとき
豹 縞馬の身のやうな美しい毛皮なし
また候 おれの襯衣 衣裳のなか
おれの型に頭髪をとゝのへ 髯 眼鏡を貼附なし
「光」などくちに銜へ
立派やかひとりまへに成りすました
ゆくさきは苗字ところ番地のしるされた
祖先が穴居時代なしたやうに
おれの住む家に這入つていつた



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko