えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

無機物地帯
むきぶつちたい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-12-04 / 2017-11-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


鉄橋を渡れば展けてゆく膨大な地帯。
海を埋めて
粗野な街をひろげてゆく健康な三角洲を
けなげな犯罪が花畑のやうに美しいほとりを
堀割の麗しい濁流に沿ひて
鮮な溺死体を迎へ
涼しい肥料船へあひさつをかはし
ゆくてには水沫をあげる浚渫船の耀ける筋肉
また、たえまなく僕らの眼に錯綜する鉄線路の鮮明な東西南北
雪をかむつてくる貨物列車
またもや前進してくる鉄材運搬車のたのしい地ひびきを越え
はるか海岸線を飾つてゐる貨物船の美しい無表情よ。
いろんな人種を持つて
海をおひやつて広がるこの地帯のなかを
ぼくの恋びと!
この売春婦はつよい股で渉つてゆくのである。
その心臓は美しい無機物なのである。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko