えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

虱とるひと
しらみとるひと
原題LES CHERCHEUSES DE POUX
著者
翻訳者上田 敏
文字遣い旧字旧仮名
底本 「上田敏全訳詩集」 岩波文庫、岩波書店
1962(昭和37)年12月16日
初出「女子文壇 五ノ六」1909(明治42)年5月1日
入力者川山隆
校正者岡村和彦
公開 / 更新2012-12-18 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


むづがゆき額を赤めをさな兒は
それとなき夢の白き巣立をねがふ時、
爪しろがねに指細きふたりの姉は
たをやかに寢臺近く歩みよる。

青天の光、咲き亂れたる花に注ぐ
明け放ちたる窓のそばに幼兒を抱き行きて
露ふりかゝるその髮の毛のなかに
美しく、恐ろしく又心迷はする指は動きぬ。

ふたりの息のこわごわに出入るをきけば
花の如く、草木の如きかをりして、
又折節は喘ぐ聲。口に出づるを
嚥み込みし片唾の音か、接吻の熱き願か。

香よき寂寞のなか、二人の黒き睫は繁叩き
えれきの通ふ細指はうつらうつらと、
貴なる爪の下にこそぷつと虱をつぶしけれ。

時しもあれや、徒然の醉は稚き心に浮び、
狂ほしきハルモニカの吐息の如く
姉が靜かになづさはる其愛撫に小休なく
湧き出でゝまた消えはつるせつなき思。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko