えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

エロディヤッド
エロディヤッド
原題HERODIADE
著者
翻訳者上田 敏
文字遣い旧字旧仮名
底本 「上田敏全訳詩集」 岩波文庫、岩波書店
1962(昭和37)年12月16日
初出「三田文学 六ノ九」1915(大正4)年9月
入力者川山隆
校正者岡村和彦
公開 / 更新2012-12-30 / 2014-09-16
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

ヒュイスマンスの小説『さかしま』の主人公ジァン・デ・ゼッセントが愛吟、マラルメ作『エロディヤッド』の斷章



……………………噫なんぢ、鏡よ、
愁によつてその縁の中に凍りたる水よ、
いくたびも、いく時も、我が夢を悲み痛みて、
なんぢが底深き氷の下に沈みたる
落葉に似たるわが思出を求めつゝ、
われは汝の奧にはるかなる影とあらはる。
しかも、あゝ、夕となれば冷然たる泉の中に、
亂れ散るわが夢のはだか身を知る怖かな。



エロディヤッド
げに唯わが爲にわが爲に、孤り空しくわれは咲きにほふと、
汝等こそは知れ、眩ゆくも入組みたる谷窪の奧に、
はてしなく埋もれて、紫水晶の色に映ゆる園生よ、
太古の土のをぐらき眠の下に隱れゐて、
上つ世の光を守る、人知らぬ黄金よ、
または純なる珠玉の如きわが雙の眼が
嚠喨たるその明光を假り來る汝寶石よ、
つゞいては、このわが若き盛の雲の髮に、
末恐ろしき美々しさとおもたげの振とを添ふる汝諸金銀よ、
さて汝女人よ、小賢しき末の世に生れあひて、
口寄巫女が栖む洞穴の惡事をなすべき身なるに、
めづらしや、人間の語を引いて、匂はげしき空焚の薫じたる
わが打掛の花の蕚のもなかより、
裸體の白き身慄は、ぬけいでむといふか、
さらば豫言せよ、おのづから女も衣を解くといふ
肌ぬるき眞夏の青空の眼に、
星の如く慄ふわが耻の身の觸れたらば、
われは絶入らむと。

われは處女の荒まじさを愛す、
ねがはくば、この髮の毛に浮ぶ怖を身につけまとひ、
夕ざれば臥所に入りて、このまだ犯されぬ
蛇の如きわが無益なる肌身を
汝が蒼白の光に散る冷ききらめきに任さむ、
今ぞ限と見ゆる汝よ、淨き心に燃ゆる汝よ、
垂氷は光り、無情の雪降る白き夜よ。

また孤獨なるその妹、噫永久のわが妹、
わが夢つねに汝に向はむ、かく思ふ時早くも
わが心、世に珍らしく澄みわたりゐて、
無爲寂寞の國に孤り立つを覺ゆ、
周圍の萬物皆悉く一面の鏡にむかひて、
眠るに似たるそが靜寂のおもてなる、
夜光の玉の眼差のエロディヤッドの影を拜す、
噫究極の美なるかな、げにわれこそは孤りなれ。

めのと
悲しや、姫ははかなくなり給ふか。

エロディヤッド
否とよ、おうな、
心靜かにこゝを去れ、立去りながら、わが無情をゆるせかし、
まて、そのまへにこの窓の戸を閉ぢよ、
厚きぐらすを透きて、セラフ天女の如くほゝゑみたる
その青空、清き青空は堪へ難くうるさし。

見よ夕波の
たゆたひて、知らずや、かしこ掻曇る夜の一天、
葉越にもゆる金星のものすさまじき
憎しみの眼をもて瞰むかの邦を。
われはそこへ行かむ。

ともしびをまたも挑げよ、
をさな氣の戯ならず、蝋の火は輕き焔に、
金燭を空しくなめて、珍らしき涙流しつ、
また…………

めのと
さてまた

エロディヤッド
さらば、さらば
     噫わが唇の裸の花は
眞を…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko