えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

サバトの門立
サバトのかどたち
原題DEPART POUR LE SABBAT
著者
翻訳者上田 敏
文字遣い旧字旧仮名
底本 「上田敏全訳詩集」 岩波文庫、岩波書店
1962(昭和37)年12月16日
初出「アルス 二号」1915(大正4)年5月
入力者川山隆
校正者岡村和彦
公開 / 更新2012-12-12 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


女は夜半に起きて燭を點じ泥を取つて身に塗り、さて呪文を唱ふれば、身たちどころにサバトの集會に向ふ。
ジァン・ボダン「方士鬼に憑かるる事」

 羹を吸ふもの十二人、各の手にある匙は亡者の前腕の骨である。

 炭火は赤く爐に燃え、燭は煙つてだらだらと蝋を流し、皿の中からは春さきの溝のやうな臭が立つ。

 マリバスが笑つたり、泣いたりすると、破[#挿絵]オロンの三筋の絲を弓で扱くやうな唸が聞える。

 然し一人の兵隊はそら恐しい事だが、机の上に蝋燭を立てて魔法の書を開け廣げた。本の上には火に迷つて來た蟲が跳ねてる。

 此蟲が飛び跳ねてゐる最中、毛むくじやらの脹れた腹の處から、蜘蛛が出て來て、幻術の書の邊を這つて行く。

 而も此時方士も魔女も既に煙突から飛び出してゐたのだ。或は箒木、或は火ばさみに跨り、そしてマリバスは揚鍋の柄に乘つて出ていつた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko