えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

欝金草売
うこんそううり
原題LE MARCHAND DE TULIPES
著者
翻訳者上田 敏
文字遣い旧字旧仮名
底本 「上田敏全訳詩集」 岩波文庫、岩波書店
1962(昭和37)年12月16日
初出「三高仏蘭西協会雑誌」1915(大正4)年3月
入力者川山隆
校正者岡村和彦
公開 / 更新2012-12-12 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


花のなかなる欝金草は鳥のなかなる孔雀の如し。かれに香無くこれに歌無し。かれは其袍を、これは其尾を矜る。   「珍華園」

 あたりはしんとしてゐる。博士ホイルテンの指の下に羊皮紙の擦れる音ばかりだ。博士は彩色の飾文字を散らした聖典を見つめてゐて、たまに眼を放てば、うつすり曇る水盤の中に泳ぐ二尾の魚の金と紅とを眺めるのみだ。

 部屋の扉がすうつと開いた。花屋は欝金草の鉢をいくつも抱へて會釋しながら博學の君の讀書を妨げて眞に相濟まずといふ。

 ――先生、御覽下さいまし、逸品も逸品、珍の珍とも申したいこの一株の球根は東羅馬皇帝の後宮にも百年に一度しか咲かぬ花の種で御座います。

 ――なに、欝金草。と老博士はせつ込んだ。あの厭はしいヰッテムベルヒの市にルッテル、メランクトンの異端邪説を生み出した驕慢と淫樂とを象る花か。

 ホイルテン師は聖典の釦金を掛けて、眼鏡を鞘に收め、さつと窓掛を押しのけると、花は日なたに咲きにほふ。嗚呼主の君の受難の花。刺の冠、海綿、苔、釘、五つのおん傷がちやんと見える。

 欝金草賣は謹んで無言のままに頭を俛れた。壁際高くホルバインの傑作、アルバ公爵の肖像畫が掛けてあつて、そこより瞰む糺問法官の眼光に竦んで了つた。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko