えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ひよりげた
ひよりげた
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「校定 新美南吉全集第四巻」 大日本図書
1980(昭和55)年9月30日
入力者愛知大学文学部図書館情報学 時実ゼミ 青空文庫班
校正者富田倫生
公開 / 更新2012-11-20 / 2016-02-02
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 あめが はれました。ジョウフクインの うらの やぶの なかに、やぶっかが わんわん なきました。月が でると ぬれた たけの はが ひかりました。
 ジョウフクインの うらの やぶの なかに たぬきが すんで いました。このあいだ うまれて まだ おちちに ばっかり くっついて いる こどもの たぬきと いっしょに、えにしだの 木の ねもとの あなの なかに すんで いました。
 おかあさんだぬきは こんや こどもの たぬきに、ばける ことを おしえようと おもって、あなの そとへ でて きました。えにしだの はなが、さっきの あめで おとされて そのへんに ちらかって いるのが、月あかりで みえました。
「さあ ぼうや、もう おちちから はなれなさいよ。」
 こどもの たぬきは それでも おちちを すって いました。
「さあ さあ。」
 おかあさんが、こどもの たぬきの おなかに 手を かけて、はなさせようと しても、こどもの たぬきの 口は おちちに ついて いました。
「いいかい ぼうや。」
「なあに。」
「ぼうや、なんに ばけたい。」
「お月さんに ばけたいの。そして おそらから みて いたいの。」
「ぼうや、おばかさんね。お月さんなんかには ばけられませんよ。」
 ぼうやの たぬきは こまったような かおを しました。
「いや いや、お月さんで なけりゃ、いや。」
 おかあさんだぬきは ぼうやの たぬきを だきあげて、
「こわいんだよ お月さんは。お月さんに ばけたりするとね、ほんとうの お月さんが おこって ばちを あてるのよ。それではね、かあちゃんが いま おもしろいものに ばけて あげるから まって おいでよ。」
 おかあさんだぬきは、こどもの たぬきを したに、おろしました。
「さあ ぼうや。おめめを つむって いなさいよ。かあちゃんが もう いいよって いうまで。」
 ぼうやの たぬきは、いわれたとおり、目を とじたけれど、りょう手で しっかり かあちゃんの 手を とらまえて いました。
「ぼうや、だめよ。かあちゃんの 手を はなさなくっては。」
「だって、かあちゃん いなくなるもの。」
「かあちゃん どこへも いかないから だいじょうぶだよ。そして、すぐに ばけてみせるから。」
「でも――」
「さあ、もう いっぺん おめめを とじて、ぼうや、とう かぞえなさい。とう かぞえたら 目を あけても いいよ。」
 おかあさんだぬきは、ぼうやが とう かぞえられないのを、ちゃんと しって いました。けれど ぼうやが 目を とじたまま、がってん がってんを したので すばやく ばけようと しました。
「ひとつ、ふたつ、みっつ、ななつ、とう。」
 ぼうやの たぬきは、もう 目を あいて しまいました。おかあさんだぬきは、まだ すっかり ばけて い…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko