えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

原始林の縁辺に於ける探険者
げんしりんのえんぺんにおけるたんけんしゃ
副題une ode
une ode
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-03-29 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


[#挿絵]

陽の眼を知らぬ原始林の
幾日幾夜の旅の間
わたくし 熟練な未知境の探険者は
たゞふかぶかと頭上に生ひ伏した闊葉の
思ひつめた吐息を聴いたのみだ。
たゞ蹠に踏む湿潤な苔類の
ひたむきな情慾を感じたのみだ。

[#挿絵]

まことに原始林は
光なき黄金の水蒸気に氾濫し
夏の日の大いなる堆肥の内部さながらに
エネルギーの無言の大饗宴であつた。
あゝ嘗て私の狂愚と慚羞とを照した太陽は
この探険の最初の日
さりげなく だが 赤々とその身を萎み
私をこの植物の大穹窿の中へと解き放つた。
その日から私に与へられたのは
獣類の眠りのやうな漆黒の忘却であつた……
それを思へば
今もなほ あゝ 喜びに身が慄ふ!

[#挿絵]

毛並さはやかな仔豹のやうに しづしづと
また軽捷に
私は怪奇な木賊族の夢を貪婪に掻き分けた――
何ものの悪意も知らず 怖れもなくて
強靱な植物らの絶え間なく発汗する
強酒のやうな露を身に浴び
誇りかに たゞ誇りかに
鼻孔をひらき かぐろいエーテルを分けて進み行くわが身は
心楽しく闇と海とに裂傷をつくる
春の夜の無心の帆船であつた。

だが ときをりは
嘗て見た何かの外套のやうな
巨大な闊葉の披針形が
月光のやうに私の心臓に射し入つてゐたこともあつたが……

[#挿絵]

恥らひを知らぬ日々の燥宴のさなかに
ある日(呪はれた日)
私の暴戻な肉体は
大森林の暗黒の赤道を航過した!
盲ひたる 酔ひしれたる一塊の肉 私の存在は
何ごともなかつたものゝやうに
やはり得々と 弾力に満ちて
さまざまの樹幹の膚の畏怖の中を
軽々と摺り抜けて進んでは行つたが、
しかし
喩へば肉身を喰む白浪の咆吼を
砂丘のかなたに予感する旅人のやうに
心はひそやかな傷感に衝き入られ
何のためとも知らぬ身支度に
おのが外殻の硬度を験めす日もあつたのだ!

[#挿絵]
(未完)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko