えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

橋の上の自画像
はしのうえのじがぞう
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
初出「山繭 創刊号」1924(大正13)年
入力者村松洋一
校正者Juki
公開 / 更新2013-11-10 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


今宵私のパイプは橋の上で
狂暴に煙を上昇させる。

今宵あれらの水びたしの荷足は
すべて昇天しなければならぬ、
頬被りした船頭たちを載せて。

電車らは花車の亡霊のやうに
音もなく夜の中に拡散し遂げる。
(靴穿きで木橋を蹈む淋しさ!)

私は明滅する「仁丹」の広告塔を憎む。
またすべての詞華集とカルピスソーダ水とを嫌ふ。

哀れな欲望過多症患者が
人類撲滅の大志を抱いて、
最後を遂げるに間近い夜だ。

蛾よ、蛾よ、
ガードの鉄柱にとまつて、震へて、
夥しく産卵して死ぬべし、死ぬべし。

咲き出でた交番の赤ランプは
おまへの看護には過ぎたるものだ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko