えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

無題
むだい
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-04-28 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


幾日幾夜の 熱病の後なる
濠端のあさあけを讃ふ。

琥珀の雲 溶けて蒼空に流れ、
覚めやらで水を眺むる柳の一列あり。

もやひたるボートの 赤き三角旗は
密閉せる閨房の扉をあけはなち、
暁の冷気をよろこび甜むる男の舌なり。

朝なれば風は起ちて 雲母めく濠の面をわたり、
通学する十三歳の女学生の
白き靴下とスカートのあはひなる
ひかがみの青き血管に接吻す。

朝なれば風は起ちて 湿りたる柳の葉末をなぶり、
花を捧げて足速に木橋をよぎる
反身なる若き女の裳を反す。
その白足袋の 快き哄笑を聴きしか。

ああ 夥しき欲情は空にあり。
わが肉身は 卵殻の如く 完く且つ脆くして、
陽光はほの朱く 身うちに射し入るなり。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko