えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

無題 京都
むだい きょうと
副題富倉次郎に
とみくらじろうに
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
初出「山繭 第四号」1925(大正14)年3月
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-04-22 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


おまへの歯は よく切れるさうな

山々の皮膚が あんなに赤く
夕陽で爛らされた鐃鉢を
焦々して 摺り合せてゐる
おまへはもう 暗い部屋へ帰つておくれ

おまへの顎が、薄明を食べてゐる橋の下で
友禅染を晒すのだとかいふ黝い水が
産卵を終へた蜉蝣の羽根を滲ませる
おまへはもう 暗い部屋へ帰つておくれ

色褪せた造りものの おまへの四肢の花々で
貧血の柳らを飾つてやることはない
コンクリートの護岸堤は 思ひのままに白けさせよう
おまへはもう 暗い部屋へ帰つておくれ

ああ おまへの歯はよく切れるさうな



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko