えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

夜の讃歌
よるのさんか
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-04-19 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


地は定形なく曠空くして黒暗淵の面にあり
神の霊水の面を覆ひたりき
――創世記

黒暗の潮 今満ちて
晦冥の夜ともなれば
仮構の万象そが※[#「門<亥」、U+95A1、19-上-9]性を失し
解体の喜びに酔ひ痴れて
心をのゝき
渾沌の母の胸へと帰入する。

窓外の膚白き一樹は
扉漏る赤き灯に照らされて
いかつく張つた大枝も、金属性の葉末もろ共
母胎の汚物まだ拭はれぬ
孩児の四肢の相を示現する。

かゝる和毛の如き夜は
コスモスといふ白日の虚妄を破り、
日光の重圧に 化石の痛苦
味ひつゝある若者らにも
母親の乳房まさぐる幼年の
至純なる淫猥の皮膚感覚をとり戻し
劫初なる淵の面より汲み取れる
ほの黒き祈り心をしたゝらす……

おんみ 天鵞絨の黒衣せる夜、
香油にうるほへるおんみ聖なる夜、
涙するわが双の眼を
おんみの胸に埋むるを許したまへ。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko