えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

立待岬にいたりて
たちまちみさきにいたりて
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1928(昭和3)年5月31日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-04-22 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


露西亜の船の沈んだ片身に残したと聞く石を抱いて
われは又ある日のざんげをするか
函館山は高く
要塞地として秘密を冠る
おごそかな
壮大なる岩礁の牢たる屹立は
東方に面して
何をひそかに語りつつあるか
黒鳥のあまた 岩に群がり
波に浮び 魚を捕う
かつてここら立待岬のアイヌ達は
魚群の来るを銛を携えて立ち待てりと伝う
東海の波濤のすさまじく寄せ打つ処
崖上の草地にマントを着たる四五人の少女等
寝そべりてハーモニカを吹き、微かに歌をうたう
蟹とたわむれ 充たし得ぬ薄幸詩人の最后の願いは
この函館の地に死ぬことを願いしと碑銘に物語る
その碑は今この岬へ行く山腹の途辺にあり
我をしも死地の願いを言わば
この地に久遠のあこがれを抱くであろう



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko