えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

航海
こうかい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1928(昭和3)年5月31日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-02-18 / 2015-01-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


大いなる家鴨の姿に似たる
連絡船の三等船室にて 不愉快な動揺を感じ
軽い頭痛に悩まされ
渡り行く島の奥地に痛み悩む母への哀切に泣きつつ
ひとりし寝転べば
出稼人夫等の行く先々の未だ見知らざる地への
憧れに満ちたる足に触れ
最初は驚き縮んだ私ではあるが
夢を持たない旅人のあらぬことを
しみじみ我ながら感じては
貧しき出稼労働人の心に
もろくも兄弟達の涙を感じ
足を伸べ組み添え
瞳を交し 微笑さえ見せて
無言のままにも好意を寄せ
心からなる途上の友として
一夜を共に航海したのである



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko