えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

幼な子チビコ
おさなごチビコ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-01-31 / 2015-01-06
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


チビコは今年三つになりました、
チビコのお父さんは肺病でねています、
チビコのお母さんは又稼ぎに行くと言っています、
稼がなければ喰べられないから
チビコはある晩ばあちゃんに抱かれてねながら
「メメが痛いメメが痛い」とパッチリ目あけたまま
泣いて泣いて眠りませんでした、
そして翌日、ゲッゲッと食べ物を吐き出しました、
メメは目ではなく腹のようでした、
「チビコお父っちゃんあるかい」
「ある」
「チビコのお母ちゃんバカだね」
「かあちゃんバカないバカない」
チビコは熱心に言いました、
チビコは親の手でだけ育ってはいないのです、
父ちゃんはもう一年も前から遠い施療病院の病床にねたきり
母ちゃんは稼ぎに出かけて留守、
チビコはばあちゃんのふところに入ってねるばかり

チビコは靴を買ってもらいました
母ちゃんが稼いで買ってくれたのです、
チビコはまだ淋しい事を知りません
チビコはひとりで遊んでいます、

父ちゃんは肺病、
母ちゃんは稼ぎ、
ひとりで遊んでるチビコは風邪を引きやすい子です



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko