えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ヌタプカムシペ山脈の畔り
ヌタプカムシペさんみゃくのほとり
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「詩と人生」1924(大正13)年2月号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-05-07 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


色づく木々の丘の上の林へ
今日一日私は出かけた
めずらしい晴天である
葡萄の葉と楡と、楢と栓とそれらみんな色づいて来た
最早すべて葉を落したものもある
つたをたぐって丘に登る時
私は愉快である
登って見下せば又愉快である
みごもった稲田を広い平野の端から端へ
見てゆくのも愉快である
いろんな野菜の収穫の終った畑も
今は黍と芋蔓がしょんぼりと残っているのみで、
麓の清い澄んだ流れは紅い木の葉を浮べて流れている
木の葉を蹴って狭い山路をゆけば
どんぐりがころころといくつもいくつも転んで行く
ある処は焚火の跡もあり
弁当を食べた空箱もある
私は見晴しのいい処を探ねて行った
そして帰りは
タバコの空箱を拾って
どん栗を入れて
弟と妹のお土産とした。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko