えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

義男さん
よしおさん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「青い果第三輯」1922(大正11)年9月
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-17 / 2015-05-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


義男さんよ
なぜそんなに考えてるの
一生懸命だね
何を読んでいるの……
ああそうか「死線を越えて」か
おもしろいかね

いえなあに借りて来て
読んでいるんですよ
此頃は歌はどうです
沢山書いているでしょう
いえなあに駄目ですよ
さっぱり此頃は
書けませんし出来ないし
わたしももうよしているし

ああそう言われた義男さんが
終に亡くなられた
私と同じ局にいても
いつもおとなしく
少しも高ぶらない君が
いつもこっそり本を読んで
暇などは出さなかった
文字は殊に注意していた
自分の書くことは
どんなに美しくとも
いつもきたないって
手紙のはしに書きそえた

りりー取りの六月十一日
あれがほんとの別れの旅か
淋しくも二人一処に
写真機を持って
行って来たその日
多くは言わない義男さん
ほころびの詩集を出して
あの山の斜えに座して
読んで見た時の思いよ
石切山を指して
共に語りし義男さん

ああ今は亡き人
帰り路は暗かった
汽車を降りて
雨上りの灯の街の
小石路を歩んだ時
それがほんとの別れの旅か

情あるうるわしの人の
死は殊に美しい
義男さんはそうであった
通信書記補の任官になっても
一度も勤めずに
ただ遺牌の文字となり
死なれた事のかなしさよ
詩人であり歌人であり
私の親しい友であり
やさしいおとなしい人であった
佐藤義男さん
七月二十七日車の上で
終になくなられて
しまったのだ
ああ私はかなしい



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko