えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

待っていた一つの風景
まっていたひとつのふうけい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
初出「旭川新聞」1928(昭和3)年1月26日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-27 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


痩たる土壌をかなしむなく
遠き遍土にあるをかこつなく
春となれば芽をだし
夏となれば緑を盛り花を飾る
貧しく小さくして尚たゆまず
ただ一つ
秋、凡ての秋において
ただ一つ
種を孕んだわが名知らぬ草
精一杯に伸びんとして努力空しく
夏のま中炎天のあまり枯死してしまったものもある
草にして一生は尊い生命の凡てである
一つの種は一つの種をはらんだ
そして遍土の痩土に
初冬のころ
雪を戴き埋れ、静かに待っていた一つの風景

一九二七年十二月拙き心情を綴り旭川にある小熊秀雄氏に贈る




えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko