えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

もうおそい
もうおそい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-08 / 2015-05-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


生かさせたいがもうおそい
両肺が全部やられている
猛烈な腸結核で
一日の膿の排出は多量で
ちっとも消化力ない胃腸
痔が悪くって腎臓も悪くて
耳が悪くてもう全身
あますところなく悪化している
これは医者が言うのだ、そしてあと
一月かどうかとすら公言する

熱が四十度をこえる
味覚は破壊されて
食慾が全くない

食慾がなく
熱を出して
毎日肉をけずっていれば
やがてけずる肉のなくなった時
お前は死だ、

死は神秘でも神の御召でもない
死は肉体の破壊である
お前はすでに大いに破壊されている
生かさせたいがもうおそい

ただ逢いたい人々よ
早よ鉄窓の彼方からかえってこい
庭の椿もすでに落ちた

五・二〇



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko