えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

路は果して何れ
みちははたしていずれ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-27 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


生と死の路は今自分の行手にあり
自分はこの全き方向のちがった路の
何れを歩んでいるかを知らない
歩む路は一すじ
ただこの一すじが
生命の歓喜へ向っているか
また永遠の死へ辿っているか
自分にも解き得ざる謎
謎の日は今、日毎つづきつつある

だが博士は言った
「半年か一年か保証は出来ないがね」
ここで自分の歩む路は死だと予断されている
も一人の博士はただ眉をひそめて
「生死の問題よりも苦痛よりのがれる方法を」と自分の言葉を認めて麻薬で劇薬の注射を与えて去った
又も一人の医師は言う
「もう手おくれだ どこもかしこも悪い
ただ死は時日の問題だ」

自分はすべての医師に絶望を語られ
お前は死の路を歩むでいるのだと言われてその儘に
自分の生命力が博士達の想像と同一であるとは信じない
信じたくない。
博士達にだって幾月幾日に断定出来ないからだだ

ただ自分の生命は非常に死に近づいている、
死の手に引かれるか
又再び生の力に引上げられるか
あぶなげなわが生命 はかなきわが生命
わが今歩める路は果して何れか

一九三五・五・七



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko