えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

私の病室の報告
わたしのびょうしつのほうこく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-07-21 / 2015-05-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


私の病室は十三号の乙
寝台は三つ 満員
二人は施療で私は有料

一人は堅山と三十越えた男
三年全くこのベットにへばって暮し
るいれきで首の周囲は膿の出た跡赤い肉が盛り上って
此頃も両脇の下から膿がしきりに流れている
肺の方も相当の進行している
その咳こむ凄さは恐ろしい
俳句を毎日作っている

も一人は鈴木二十二歳
堅山にこの小僧ッ子は生意気だと
泣きながら散々の悪口を言われた男
一月ばかり前に三千グラムも喀血したそうだが
それほどからだは衰弱していない
だが右肺の下部に大空洞があって一日の喀痰量は
コップに四五杯、熱心なカトリック教徒
熱は毎日三十八度前後

最後に私 私は三十一歳
私は腸結核で
最初の四五日は血便を
あとの十日は激痛ある下痢を
そのあとの四五日は一日中粘液を
そこで浣腸したら腸に穴があいて膿汁が流れ
それからもう二十日余り未だ
膿が二三回ずつ流れ走って出てくる
肺は相当に悪く熱は三九度五分前後一日二回ずつ発熱、衰弱三人中の第一位

五・一四



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko