えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告


ぶた
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「今野大力作品集」 新日本出版社
1995(平成7)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-06-15 / 2015-03-08
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


もったいない事である
肺患者の残した
実に多量の食物は惜し気もなく捨てられる
鮭の照焼や筍やうどふきのうま煮なんか
多くの人々にとって
大した御馳走なんだのに
一椀の飯さえ思うように喰えぬ人々が見たら
おおめまいしてしまいそうな
食物の山山

近所の豚がこの滅多に人間さえ食べないものを
うんと腹一杯たべてコロコロに肥っている
豚が肥えて肉屋に並べられても
それが何とか西洋料理支那料理になっても
豚の食う程のものすら喰えぬ人間に
なんでそれを一口食べられようか

もったいないことである
貧乏な患者に附添う老爺は
自分の患者のたべないものを
こっそりかくしておく
そしてあとで
自分がそれを喰べる
一日四十五銭の附添食費を浮ばせるために

だが、若しこれが、病院の誰かに発見されたら
何といって叱られるか
何といっておどかされるか
恐怖に戦き食べる老爺は毎日下痢をやっている。

五・二〇



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko